最近の監視カメラの性能

監視カメラといえば、近頃は防犯の意味で至るところに設置されていますね。
つい最近だと倉敷市の小学生女子が誘拐され監禁された事件を受けて、倉敷の小学校の通学路に監視カメラが設置されることになったと報道されていました。監視カメラの映像が元になって、いろいろな犯罪の容疑者が特定されることも多くなっていますね。
しかしこの監視カメラの性能というのはどの程度のものなのでしょうか。
昔は監視カメラがあるところとしては銀行などの金融機関や、コンビニなどばかりでしたが、最近は個人でも玄関の前などを撮影していることも多いようです。プライバシーの問題も考えると、あまり鮮明すぎる画像が、個人の手元に残り続けるというのも不愉快ですよね。
最近使われている監視カメラにはネットワークカメラというものがあり、LANケーブルで複数台のカメラを一度に設置することができるそうです。これが今までのアナログカメラとは違って、非常に画質が良いようですね。しかしそこまで画質の良いものを設置するようなところはそう多くはないとは思うのですが。

監視カメラの設置場所は製品の形によって異なる

信頼と安全の監視カメラは日本防犯設備が一番
監視カメラの設置場所は製品の形によって異なります。
標準型のボックス型は銀行や警察、マンションなど人が出入りする場所によく設置されています。
倉庫、工場などで従業員の作業工程をチェックできる場所にも設置されることが多いです。
ドーム型はコンビニやホテル、飲食店などお客様に監視カメラとしての圧迫感を与えたくない場合に入口や店内などに設置されます。
病院、学校などでもよく設置されます。
ハウジングカメラは風雨から守るためにカメラが内部にあるので、駐車場やガソリンスタンドなど屋外でよく設置されています。
赤外線監視カメラは暗闇でも赤外線ではっきり見ることが出来るので、駅や駐車場など夜も監視したい場所によく設置されています。
小型の監視カメラは分からないように設置できるので、一戸建てやマンションなどに個人の方が設置されることが多いです。
ネットワークカメラはインターネットで離れた場所から監視できるので、お部屋の防犯としてよく設置されます。
設置したい場所に合わせて監視カメラの形を選ばれると良いです。

高性能化しながらも低価格化が進む監視カメラ

日本は治安の良い国と言われていますが、犯罪が全く無いというわけではありません。
いつどこで自分が犯罪に巻き込まれるかもわかりませんから、そういった場合のためにも監視カメラというのは有効な手段です。

現在の監視カメラというのは非常に高性能化しており、その有用性はますます高まっています。
例えば、カメラの映像をインターネットを介して別の場所に送ることで犯人が監視カメラを記憶装置ごと破壊するとか、そういったことも防ぐことが出来ますし、外出先からスマートフォンなどの携帯端末から監視カメラの映像を見ることが出来るようにもなっています。
さらに、小型化しながらも高解像度な映像を記録出来たり、カメラによってはマイクなども搭載していて、映像のみならず音声までも記録することが可能となっています。

これだけ高性能化していても、個人で購入が可能な価格まで低価格化が進んでいて、個人宅でも十分実用可能な値段設定となっています。
一家に一台と言わず、二台三台保有することも珍しくありませんから、トラブル防止のためにも用意しておくと、安全な生活を送ることにつながるでしょう。